メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

「デジタル創作」の腕磨き 東京工業大3年・大橋滉也さん(20)

大橋滉也さん

 <くらしナビ おとなへステップ>

 所属する東京工業大の「デジタル創作同好会traP」(トラップ)のメンバー4人で「情報危機管理コンテスト」(5月、和歌山)に挑(いど)み、最高賞にあたる経済産業大臣賞を取ることができました。

 コンテストは経産省や警察庁などが後(こう)援(えん)する全国規模の大会で、35チームが出場しました。ITを学ぶ学生たちが、サイバー攻(こう)撃(げき)にどれくらい実(じっ)践(せん)的な対応を取れるのか競います。決勝はウェブサイトへの攻(こう)撃(げき)に対する対応など四つの課題に取り組みました。4人全員が不得意な分野もあり、対応に困った課題もありましたが、4人の力を結集し、初出場で最高賞を獲(かく)得(とく)できました。

 traPは発足からまだ4年目。新しいサークルですが、メンバーは大学院生も含(ふく)めて約250人になりました。私(わたし)は昨年12月から代表を務めています。それぞれが関心を持っている競技プログラミングやゲーム・音楽制作など「デジタル創作」の腕(うで)を磨(みが)いているほか、ボランティアで中高校生向けのプログラミング教室も年2回開いています。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです