メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 前回のこのコラムで、兵器へ人工知能(AI)が利用された場合の恐怖について触れた。しかし、そこでも述べたように、AIは非常に汎用(はんよう)性が高い技術なので、平和目的にも軍事目的にも利用できる--いわば二面性を持つ。

 その平和目的でAIを積極利用しようというアイデア「ピースマシン」を提唱しているのが、ヘルシンキ大のティモ・ホンケラ教授だ。ニューラルネットや機械学習の研究者で、フィンランド人工知能学会会長も務めた。そのホンケラ教授の来日講演に、私が責任者を務める東洋大情報連携学部(INIAD)が協力できないかと日本フィンランドセンター財団から打診があった。

 ホンケラ教授は2014年に脳腫瘍の手術を受け、その後、言葉を覚えにくくなる記憶障害に見舞われた。そ…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです