メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提訴

「身体拘束原因で死亡」 遺族、精神科病院を 東京地裁

 東京都内の精神科病院に入院した女性(当時54歳)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは病院での身体拘束が原因として、遺族が18日、病院を運営する医療法人に約6200万円の賠償を求め東京地裁に提訴した。「女性には自分や他人を傷つけるなどの恐れはなく、身体拘束は必要なかった」と主張している。

 訴状などによると、女性は2016年1月21日、そう状態と診断され、医療保護入院してすぐに医師の指示…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです