メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提訴

「身体拘束原因で死亡」 遺族、精神科病院を 東京地裁

 東京都内の精神科病院に入院した女性(当時54歳)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは病院での身体拘束が原因として、遺族が18日、病院を運営する医療法人に約6200万円の賠償を求め東京地裁に提訴した。「女性には自分や他人を傷つけるなどの恐れはなく、身体拘束は必要なかった」と主張している。

 訴状などによると、女性は2016年1月21日、そう状態と診断され、医療保護入院してすぐに医師の指示…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです