連載

評伝

故人の業績、取り組みを振り返ります。

連載一覧

評伝

浅利慶太さん死去 芝居愛し続けた巨星 ミュージカル普及

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
浅利慶太さん=根岸基弘撮影
浅利慶太さん=根岸基弘撮影

 演劇界の巨星がまた逝った。劇団四季の創立メンバー、浅利慶太さん。亡くなった13日はくしくも四季の創立記念日の前日だった。

 慶応大出身者ら10人で四季を創立したのは、まだ日本が敗戦の空気をまとった65年前。四季を日本を代表する劇団へと育て、4年前に代表を退いた後も演出家として最期まで芝居を愛し続けた。

 1年のロングラン公演、コンピューターによるチケット販売、全国各地での専用劇場建設。斬新なアイデアと手腕で日本にミュージカルを根付かせるきっかけを作った。文化の東京一極集中を嫌い、地方の子供たちにも演劇という夢を届ける活動を続けた。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集