メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替漁業

公海サンマ初水揚げ 今季から一部を国内に

国内流通向けとして初めて水揚げされた公海サンマ=北海道根室市の花咲港で2018年7月18日、本間浩昭撮影

 ロシアの排他的経済水域(EEZ)でのサケ・マス流し網漁が2年前に禁止されたことに伴う北太平洋の公海での操業を終えた代替漁業のサンマ漁船10隻が18日早朝、北海道根室市の花咲港で国内流通用の生サンマ約95トンを初めて水揚げした。

 公海で漁獲されたサンマはこれまで、価格維持のため洋上でロシア船に売り渡すなど、全て輸出に回されていた。だが沿岸で捕れるサ…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです