メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

危険「ため池」の基準見直し 農水省が検討

 農林水産省が西日本豪雨を受け、都道府県ごとに定められているため池の管理基準の見直しを検討している。2011年の東日本大震災以降、危険性を周囲に知らせる「防災重点ため池」制度が始まったが、ため池の規模などに応じて指定基準が決められており、各地でばらつきがある。広島県福山市では未指定のため池の崩落で女児(3)が死亡した。農水省は今後、決壊で人的被害が想定されるため池は、その規模に関わらず指定するよう都道府県に求める考えだ。

 農水省によると、農業用水確保のためにつくられたため池は全国に約20万カ所あり、うち防災重点ため池に…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです