IT講師殺害

専門家から見た事件の背景や影響

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
送検される松本英光容疑者=福岡市中央区の福岡中央署で2018年6月26日午後1時5分、石井尚撮影
送検される松本英光容疑者=福岡市中央区の福岡中央署で2018年6月26日午後1時5分、石井尚撮影

 福岡市中央区の起業支援施設で6月にIT関連セミナー講師が殺害された事件は、容疑者がインターネットの中だけで憎悪を膨らませ、現実世界の殺人に至ったという異例の流れをたどったことからネット上でも大きな話題となった。事件の背景や影響について専門家に聞いた。【聞き手・柿崎誠】

<事件の経緯>

 6月24日夜に発生。東京都江東区の情報セキュリティー会社員、岡本顕一郎さん(41)がセミナー終了直後にナイフで複数回刺されて死亡。直後に交番に出頭した福岡市東区の無職、松本英光容疑者(42)=鑑定留置中=が殺人容疑などで逮捕された。

 松本容疑者は匿名サイトで他のユーザーを「低能」「ゴミクズ」などと中傷する「荒らし」行為を繰り返し、ネット上で皮肉を込めて「低能先生」と呼ばれる存在だった。一方、岡本さんは「Hagex(ハゲックス)」のハンドルネームでブログを運営する有名ブロガー。自身のブログで荒らし被害に遭っていたことや「先生」の書き込みがあればサイト運営会社に通報し、その度に「先生」のアカウントが凍結されていることを明かしてい…

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文2008文字)

あわせて読みたい

注目の特集