首都高地下化

「水の都・東京」復活へ 日本橋住民ら歓迎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
上空を首都高に覆われた日本橋=2017年9月24日、伊藤和史撮影
上空を首都高に覆われた日本橋=2017年9月24日、伊藤和史撮影

 日本橋の上を走る首都高の地下化で18日、国や東京都などが総事業費を約3200億円とする枠組みに合意した。周辺の景観改善に向けた動きが本格化し、地元住民や関係者からは歓迎の声が上がった。

 都庁で取材に応じた小池百合子知事は「『見えない化』の一歩ではないか」と評価した。就任後、街の景観改善や防災対策を目的に、無電柱化などの「見えない化」を進めてきた。ただ、2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用もかさむ中、地下化に向け都が約320億円…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集