公取委

百貨店5社に課徴金へ お中元など送料でカルテル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 お中元などの送料を巡って実質的なカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は百貨店5社に独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで総額約1億9000万円の課徴金納付命令を出す方針を固めた模様だ。関係者への取材で18日、判明した。

 関係者によると、課徴金の対象となるのは、高島屋(大阪市)▽阪急阪神百貨…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集