メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑

「高気圧の2層構造」主要因

猛暑の仕組み

 朝から気温がぐんぐん上がった18日、岐阜県の多治見市と美濃市では40度を超え、全国の190観測地点で35度以上の猛暑日となった。日本列島はなぜ、記録的な暑さに見舞われているのか。

 気象庁によると、日本の上空には太平洋高気圧が居座る。その上から覆いかぶさるように、西側からチベット高気圧が張り出す「高気圧の2層構造」になっているのが猛暑の主要因とみられる。高気圧の中では下降気流が生じて雲ができにくい上、地表に近…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです