メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究連携

量子コンピューターを初導入 東工大と東北大

 東京工業大と東北大は18日、来年度に量子コンピューターを共同で導入し、これを活用する50人規模の研究連携拠点を設立すると発表した。量子コンピューターはスーパーコンピューターをはるかに上回る計算能力を持つとされ、実機が国内に入るのは初めてという。

 導入するのは、世界で唯一商用化に成功したカナダのDウエーブシステムズ社の機器で、費用は5年間で数十億円。デンソーなど約20社の出資や国の補助金で賄う。東北大に設置し、計算速度のさらなる高速化や渋滞予測など、基礎から応用まで幅広い研究に取り組む。

 量子コンピューターの基礎になる理論を世界で初めて提唱し、連携拠点に参画する東工大の西森秀稔教授は「大きな領域をカバーする世界でも類を見ない拠点にしたい」と話した。【酒造唯】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  3. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島
  4. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  5. 大阪府警 富田林署から勾留中の容疑者が逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです