連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

親に手を上げられた女性 経験を小説に「社会全体で子育てを」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
虐待を受けた経験に基づく小説を刊行した田村真菜さん。出産を控え「虐待の連鎖」の不安も口にした=東京都内で2018年6月12日、宇多川はるか撮影
虐待を受けた経験に基づく小説を刊行した田村真菜さん。出産を控え「虐待の連鎖」の不安も口にした=東京都内で2018年6月12日、宇多川はるか撮影

 「おねがい ゆるして」。ひらがなの「反省文」を書き残した東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(当時5歳)の虐待死事件。逮捕された両親を糾弾する声が噴出したが、「親を責めても事件はなくならない」と言う人がいる。幼いころ虐待された体験に基づく自伝的小説を刊行した田村真菜さん(30)だ。どうすれば悲劇を防げるのか。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1261文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集