メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

フロリダの夫婦、自宅壁にゴッホ「星月夜」使用認められる 市と和解

 7月18日、米フロリダ州で自宅の壁にゴッホの作品「星月夜」を模した絵を使用したことで罰金を科されていた夫婦が、市当局と17日に和解し、絵を維持することが認められた。写真は1月、妻のナンシー・ネムハウザーさん。提供写真(2018年 ロイター/Pacific Legal Foundation)

[PR]

 [18日 ロイター] - 米フロリダ州で17日、自宅の壁にオランダの画家ゴッホの作品「星月夜」を模した絵を使用したことで市に罰金を科されていた夫婦が、市当局と和解し、絵を維持することが認められた。

 同州マウント・ドラ市は絵が適切でなく運転の妨げになる可能性があるとし、昨年7月に標識などに関する条例に違反していると夫婦に伝えた。夫婦は今年2月、憲法で保障された表現の自由を侵害されているとして市を提訴。罰金額は1万ドル(約112万7000円)を超えていた。

 和解の一環として、市は夫婦に1万5000ドルを支払う。

 夫婦は18日、ロイターに対し、「星月夜」が好きな自閉症の息子が家を見つけやすいように、壁や塀にこの絵を使ったと説明した。

 本物の「星月夜」はニューヨーク近代美術館に展示されている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです