メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書改ざん

悪質事案「免職」 政府が再発防止策

 政府は20日午前、「行政文書の管理の在り方等に関する閣僚会議」を首相官邸で開き、財務省の決裁文書改ざん問題などを受けた再発防止策をまとめた。特定秘密を監視する内閣府の独立公文書管理監を秋までに審議官級から局長級に格上げし、日常の文書管理のチェック機能を付与する。各府省にも「公文書監理官」(仮称)を置く。決裁文書の事後修正を禁じ、改ざんや組織的破棄などの悪質事案には免職を含む懲戒処分を科す。公文書管理法の改正や刑事罰新設は見送った。

 安倍晋三首相は20日、全閣僚出席の閣僚会議であいさつ。「一度失われた信頼を取り戻すことは至難だが成…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文563文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです