メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

2週間 続く猛暑 爪痕、なお生々しく

2週間たっても、一帯は土砂に覆われている=広島県呉市で2018年7月20日午前9時29分、本社ヘリから望月亮一撮影

 瀬戸内海を望むのどかな山あいの集落を、土石流が襲った。西日本豪雨から20日で2週間。茶色い土砂に覆われた広島県呉市の天応西条地区は、今も生々しい爪痕が残る。

 大雨特別警報が広島県に出た今月6日、集落の北側の山で土砂崩れが相次いだ。土砂が付近の川に流れ込んで土石流が起き、一帯の住宅を次々とのみ込んだ。

 2日後の8日には、一帯が川と道路の境が分からないほどの土砂で覆われ、押し流された住宅のがれきが散乱していた。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです