メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

2週間 続く猛暑 爪痕、なお生々しく

2週間たっても、一帯は土砂に覆われている=広島県呉市で2018年7月20日午前9時29分、本社ヘリから望月亮一撮影

 瀬戸内海を望むのどかな山あいの集落を、土石流が襲った。西日本豪雨から20日で2週間。茶色い土砂に覆われた広島県呉市の天応西条地区は、今も生々しい爪痕が残る。

 大雨特別警報が広島県に出た今月6日、集落の北側の山で土砂崩れが相次いだ。土砂が付近の川に流れ込んで土石流が起き、一帯の住宅を次々とのみ込んだ。

 2日後の8日には、一帯が川と道路の境が分からないほどの土砂で覆われ、押し流された住宅のがれきが散乱…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 羽生、巻き返しへの一手は? フィギュアGPファイナル 今季後半へ手応えも

  4. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです