メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

俳優・別所哲也さん 映画祭主宰20年、仲間と集い未来へ

「僕は感動ある人生っていう言葉が好き。人は生きていくうえで、感動の材料みたいなものを常に欲していると感じる」=東京都渋谷区で、宮間俊樹撮影

 土にしっかりと根を張り、空を目指すヒノキのようなイメージだろうか。誰もが知る俳優でありながら、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」を自ら主宰。営業マンのように人に頭を下げたりしながら、一つ一つ築いてきた映画祭は今夏で20年目を迎えた。今や米アカデミー賞の公認映画祭と認定されている。

 「どれだけ豊かに五感を動かせるか、その積み重ねが人間なんじゃないかと僕は思う。俳優の仕事も映画祭も…

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋大 甘い物食べるなら日中に ラットで明らかに
  2. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  3. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  4. 女性遺体 新潟市内の20代女性か 知人男性所在不明に
  5. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです