メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

見た目で身分差 宗主国の罪

肌の色と鼻の高さでツチとフツに分けた=西谷文和さん撮影

 ルワンダで1994年4月7日から始まった虐殺は100日間も続いた。1日に1万人もの人々が延々と殺され続けたが、国連平和維持活動(PKO)部隊はこの虐殺を止めることができなかった。なぜなのか? 首都キガリの「虐殺記念館」の資料から、その答えに迫ろうと思う。

 「コロニアルタイム(植民地時代)」。虐殺記念館の最初の部屋は、宗主国ベルギーにスポットを当てている。32年、ベルギーは身分証明書の所持を国民に義務づける。合計で18あった部族のうち、肌の色、鼻の高さでフツ族、ツチ族に分けた。ベルギーは…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです