メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江牛グランプリ枝肉共進会

高島のメスに最高値、1キロ5969円 近江八幡 /滋賀

セリで1キロ5969円の高値が付けられたグランドチャンピオン牛の枝肉=滋賀県近江八幡市長光寺町の滋賀食肉センターで、蓮見新也撮影

 滋賀食肉センター(近江八幡市長光寺町)で、今年の最も優秀な近江牛を決める「第6回近江牛グランプリ枝肉共進会」があった。県内の生産者が55頭を出品。高島市の大吉牧場のメス牛(442キロ)がグランドチャンピオンに選ばれ、表彰式後のセリでは、1キロ当たり5969円の高値が付けられた。

 生産者の肥育技術向上と近江牛ブランドを…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです