メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂

本やって来た 今月から鳥取市貸し出し 市立中央図書館、読み聞かせも実施 /鳥取

こども食堂に届けられた図書を読む子どもたち=鳥取市弥生町の「パレット こども食堂」で、阿部絢美撮影

 図書館の本を子ども食堂に貸し出す事業を、鳥取市が今月始めた。本に触れる機会を増やすことで子どもたちの興味や関心の幅を広げ、将来の夢や進路などにつなげてもらうのが狙い。第1弾として「パレット こども食堂」(同市弥生町)に届けられた。【小野まなみ】

 県教委が昨年実施した、子どもの読書活動に関するアンケートでは1カ月に「1冊も本を読まない」と答えたのが小学3年で4・5%、小学6年で7・2%いた。小3と小6では、95%以上が月1回は学校図書館に行くと答えた一方で、公立図書館を利用しない人は小3で4割近く、小6で5割以…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです