メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なかま文化塾

仰木魯堂の生涯・作品解説 数寄屋建築で活躍 あす /福岡

 中間市出身で、明治時代末から昭和初期にかけて近代数寄屋(すきや)建築の第一人者として活躍した仰木魯堂(ろどう)(1863~1941年)をテーマにした「なかま文化塾」が21日午前10時、中間市通谷の市生涯学習センターで開かれる。講師は、なかまハーモニーホールの浦塚省二館長。受講料800円。

 魯堂は遠賀郡長津村(現中間市)出身。数…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです