カジノ法案

きょうにも成立 参院委で可決 野党徹底抗戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案は19日、参院内閣委員会で自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決された。与党は20日の参院本会議で可決・成立させる方針だ。野党側は反発を強め、伊達忠一参院議長の不信任決議案と古屋圭司衆院議院運営委員長の解任決議案を提出したが、それぞれ賛成少数で否決された。22日の国会会期末をにらんで野党は徹底抗戦する構えで、20日に安倍内閣の不信任決議案を提出する方向だ。

 IR法案は、カジノや国際会議場、ホテルなどを一体化したIRを当面全国3カ所を上限に整備。カジノを利用する日本人と国内居住の外国人を対象に入場料6000円を徴収し、「週3回かつ28日間で10回」の入場制限を設ける内容。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文966文字)

あわせて読みたい

注目の特集