メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/4 データ人材に命運託す

滋賀大と設置した研究センターで議論する大沼顕介=滋賀県彦根市の滋賀大で5月25日、釣田祐喜撮影

 自宅の最寄り駅から電車で空港へ行き、飛行機に搭乗。到着した空港からはレンタカーで目的地へ--。フィンランドのベンチャー企業マース・グローバルは、スマートフォンでこうした移動の最適な経路を検索した後、異なる交通機関の予約や料金支払いが一度にできるアプリを開発した。ヘルシンキで試験運用を始め、将来は世界主要都市で提供する計画だ。

 昨年6月、あいおいニッセイ同和損害保険はマースへの出資を決めた。「このサービスを活用すれば、分刻み…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです