メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意
20年東京五輪

過密日程に 最多339種目 競泳決勝、午前で調整

 2020年東京五輪で唯一、競技日程が決まっていなかった水泳について、国際水泳連盟(FINA)が19日、競泳を午前中の決勝とすることで同意したと明らかにした。今後、国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会と最終調整する。大会は史上最多の33競技339種目を17日間で実施する過密日程となり、台風や雨などの影響で円滑に日程が消化できるかどうかも課題となる。

 競技日程の大枠は組織委が18日にIOCに提案して承認された。日本水泳連盟や組織委は選手の体調面を考慮し、競泳では夕方以降の決勝を希望していたが、IOCは巨額の放映権料を支払う米国のテレビ局の放映時間に合わせた午前中の実施を主張。FINAは判断を示していなかった。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです