メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

肘に血小板注射、効くの? 組織の再生促す 大谷、田中両選手は復帰=回答・荒木涼子

 なるほドリ 右肘(みぎひじ)を痛めていた米大リーグ、エンゼルスの大谷(おおたに)翔平(しょうへい)選手が約1カ月ぶりに復帰したね。どんな治療(ちりょう)を受けたの?

 記者 自身から採取(さいしゅ)した血液(けつえき)の血小板(けっしょうばん)を患部(かんぶ)に注入して修復(しゅうふく)を図る「PRP注射(ちゅうしゃ)」と呼ばれる再生医療(さいせいいりょう)を受けました。血小板は皮膚(ひふ)や筋肉、靱帯(じんたい)などが傷つくと組織を修復するたんぱく質を出します。この働きを利用し、血小板を濃縮(のうしゅく)した成分(PRP)を損傷(そんしょう)した部分に注入します。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 不祥事相次ぎ首相「国民、納税者に大変申し訳ない」 参院代表質問で

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです