メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

性教育、どうあるべきか

たしろ・みえこ 1962年生まれ。日本女子大大学院修了。女子栄養大助教授などを経て現職。専門はジェンダー教育学。編著書に「教科書にみる世界の性教育」など。

 10代での人工妊娠中絶や性感染症が広がる中、性教育はどうあるべきか。東京都足立区立中学校が今年3月、卒業を控えた3年生の性教育の授業で性交や中絶、避妊を取り上げたことに都議会で「不適切」との声が上がり、論争になった。行き過ぎか、必要な知識の伝達か。望ましい性教育のあり方とは。【聞き手・五味香織】

理解すれば慎重に行動する 田代美江子・埼玉大教授

 東京都足立区の中学校での授業には性教育の研究者仲間と一緒に関わってきた。3年間で7コマのプログラム…

この記事は有料記事です。

残り4242文字(全文4465文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです