メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
継がれぬ遺志

「マンデラ後」の南ア/下 バケツがトイレ、ブランド服に高級車 黒人同士、広がる格差

「マディバの遺志を受け継ぐ指導者がほしい」と話すパーシー・ヌダバさん=アレクサンドラで6月14日

 ヨハネスブルクの旧黒人居住区アレクサンドラにマンデラ元大統領ゆかりの家が残る。高級住宅街に隣接するこの地区はいまなお、南アフリカの圧倒的な格差を体現している。

 1941年にトランスカイ(現東ケープ州)からヨハネスブルクに出てきたマンデラ氏は一時期、アレクサンドラの簡素なれんが造りの家に下宿した。

 地区で生まれ育ったパーシー・ヌダバさん(49)は「マディバ(マンデラ氏の愛称)のおかげで肌の色で差別されなくなった」。黒人にも参政権が認められ、政治的な自由を手にして四半世紀が過ぎたが「ここでの暮らしは昔と大差ない」と話す。マンデラ氏が住んだ時にはなかった電気も通り、道路の舗装は進んだとはいえ、過密状態は相変わらずで、排水管からあふれる汚水が悪臭を放つ。

 掘っ立て小屋がひしめく一角では、84世帯400人以上が屋外の一つの水道栓で炊事や洗濯をしていた。二…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1017文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです