メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

次官に岡本氏 「最強官庁」立て直し急務 人事迷走3カ月

 財務省の幹部人事がようやく固まった。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る文書改ざん問題などの影響で一時迷走したが、本命視されていた岡本薫明主計局長の次官昇格で落ち着いた。約3カ月にわたって次官不在という異常事態が続いた財務省。新体制では、前代未聞の不祥事で信用を失った「最強官庁」の立て直しが急務となる。

 岡本氏は1983年入省で早くから次官候補と目されてきた。同期には文書改ざん問題を巡り昨夏以降、国会…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです