メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

こつこつと手伝う=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 西日本豪雨災害に遭われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

    ◇   ◇

 今回の災害のニュースを見て、心を痛めた人は多いだろう。同時に「自分になにができるのだろうか」と迷い、無力感を覚えることもあるのではないか。寄付はできる。でも、次にどうしたらいいのだろう、と。

 私は、東日本大震災の翌年の2012年に気仙沼に来て、6年以上がたつ。西日本豪雨災害と東日本大震災では、被害の性質も規模も異なるが、参考になる部分もあるかもしれず、東北で学んでいることを書いてみる。

 まず、被災した地域が復興し、日常を取り戻すまでには、想像以上に長い時間がかかる。越えなくてはいけな…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです