メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大相撲名古屋場所

執念の高安、御嶽海に土 安美錦873勝、歴代8位に

御嶽海(右)を突き落としで降す高安=大西岳彦撮影

12日目(19日・ドルフィンズアリーナ)

 ただ一人勝ちっ放しだった関脇・御嶽海は大関・高安の逆転の突き落としに屈し、土がついた。高安は勝ち越しを決め、カド番を脱出した。平幕の栃煌山と朝乃山はいずれも敗れ3敗に後退。他に3敗は大関・豪栄道と平幕の豊山で計4人。十両・安美錦が通算873勝目を挙げ、勝利数で大鵬(元横綱)を抜き歴代単独8位になった。

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1442文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです