メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

不適切データ問題 厚労省局長を戒告処分

 厚生労働省が不適切な労働時間調査に基づき「裁量労働制で働く人の方が一般労働者よりも労働時間が短い」とする誤った資料を作成した問題で、同省の監察チームは19日、原因は職員の確認不足とする報告書をまとめた。作成過程で政治家の指示はなかったとした。同省は監督責任を問い、山越敬一労働基準局長を戒告の懲戒処分、蒲原基道事務次官を訓告など計5人を同日付で処分した。

 問題となったのは、厚労省が2013年に実施した「13年度労働時間等総合実態調査」と、それに基づき作…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです