メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニホンウナギ

目指せ!完全人工養殖 稚魚から育て現場でノウハウ蓄積 水産機構、委託試験開始

養殖試験のため、業者に提供した稚魚のシラスウナギ=水産研究・教育機構提供

 国立研究開発法人「水産研究・教育機構」(水産機構)=横浜市=は、初めて養鰻(ようまん)業者2社に委託する形で、人工稚魚からのニホンウナギの養殖試験を始めた。養殖は通常、河口などで捕獲した天然の稚魚で始める。今回、試験で使う稚魚の親も人工養殖で、機構はウナギ養殖の完全人工化を目指してノウハウを蓄積したい考えだ。

 試験の背景には、稚魚であるシラスウナギの国内捕獲量の激減がある。水産庁によると、1957年の207…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文583文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです