メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝

ユニバーサル、V取り消し 選手薬物違反

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は19日、昨年11月の第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSなど共催)で、優勝したユニバーサルエンターテインメントの選手(当時)にドーピング違反があり、1年3カ月の資格停止処分を科したと発表した。

 これを受け、同連合はユニバーサルエンターテインメントの優勝を取り消し、繰り上がりで2位・パナソニックの初優勝が決まった。

 違反が認められたのは5区で区間2位の中村萌乃元選手(28)=今年3月に退社=で、レース後の検査で筋…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文533文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  3. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです