メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

きょう 酷暑、ウナギの値も上昇 仕入れ価格、前年比1.5倍

手際よく焼き上げられるうなぎ=大阪市北区の専門店「志津可」で2018年7月19日、釣田祐喜撮影

 20日の土用の丑(うし)の日を前にウナギの取引価格の高値が続き、専門店の多くが値上げに追い込まれている。厳しい暑さが続く中、ウナギを食べてスタミナをつけたいところ。しかし、値上げは消費者の財布を直撃するだけに、専門店ののれんをくぐるのも容易ではなくなってきた。【藤渕志保、加藤明子、釣田祐喜】

 「『少しでも安く、おいしく』を心掛けているが、仕入れ値が上がってしまっては」。焼き上げるウナギの香ばしい匂いが店いっぱいに広がる大阪市北区のうなぎ専門店「志津可」で、店主の樽野博明さん(71)が表情を曇らせた。

 うな重の「上」の値段は1人前3000円。仕入れ値が前年の約1・5倍に上がり、昨年から600円上げざ…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文863文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです