メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

LGBT教育、学校が先行 国、指導要領で言及見送りの中

LGBTについて学ぶ丹原東中学校の生徒ら=愛媛県松山市の「えひめLGBTセンター虹力(にじから)スペース」で2018年6月9日、村瀬優子撮影

 小中学校で性的少数者(LGBTなど)について授業や課外活動で学ぶ取り組みが広がっている。社会的な関心の高まりに加え、周囲の理解不足から当事者の生徒がいじめに遭ったり、不登校となったりするケースについて対応が求められているためだ。国が当事者生徒への配慮を求める一方、昨年の学習指導要領改定で性的少数者を扱うことを見送る中で、教育現場の取り組みが先行する形となっている。【村瀬優子】

 「小学校の4年生ぐらいで自分が同性愛者だと気づいた。『絶対に隠さなければならない』という思いとの間…

この記事は有料記事です。

残り2504文字(全文2744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです