メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界文化遺産

「縄文遺跡群」新候補に 道・北東北17件

 国の文化審議会は19日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産への2020年登録を目指す候補に「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を選んだ。ユネスコへの推薦書の提出期限は来年2月1日で、政府が推薦するか検討する。

 ユネスコは20年登録から各国の推薦枠を文化、自然あわせて1国1件に制限することを決めている。今年の自然遺産登録を目指したものの、諮問機関による「登録延期」との勧告を受けて推薦を取り下げた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)について、環境省は20年登録を目指して推薦書を再提出する方針。政府がどちらを推薦するかについて、文化庁は「未定」としている。

 縄文遺跡群は縄文時代を代表する大規模集落跡「三内丸山遺跡」(青森市、国指定特別史跡)やストーンサー…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1328文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです