メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災母子に助産院滞在や授乳服を 寄付募る 

「スマートサプライ」のウェブサイト

 西日本豪雨で被災し、避難生活を送る母子を支援するための寄付が始まった。被災母子からのニーズが高い、安心して過ごせる助産院への滞在や、外から胸が見えない授乳服の提供につなげる。物資支援のマッチングサイト「スマートサプライ」(https://smart-supply.org/#/oma-project/5b4ad94a27b5a7000505b87d)を通じて、1000円から寄付ができる。

 災害時、乳幼児がいる被災家庭は避難所を出て、車内で過ごしたり、親戚や知人を頼って滞在先を転々としたりするケースが目立つ。人が多い避難所は、乳幼児を抱える家庭にとって過ごしにくいからだ。母親は、人目を気にして落ち着いて授乳ができない。いつもと違う場所で過ごす子どもたちも落ち着かない。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです