TPP

拡大方針を確認 首席交渉官会合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は19日、神奈川県箱根町で事務方トップによる首席交渉官会合を開き、2019年に見込む協定発効後、速やかに新たな参加国を受け入れていく方針を確認した。

 トランプ米政権が保護主義を強める中、自由貿易圏への興味が高まっており、TPPにもタイやコロンビア、英国、韓国、台湾、インドネシアなどが新規加盟に関心を示している。会合では、こう…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集