メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神鋼データ改ざん

米訴訟で打撃も 司法省も調査

 品質データ改ざん事件で、東京地検特捜部から不正競争防止法違反(虚偽表示)で19日に起訴された神戸製鋼所は、米司法省の調査対象にもなっており、米国とカナダの消費者からは損害賠償請求も起こされている。今後、賠償負担などで経営に大きな打撃を受ける可能性もある。

 「現段階で賠償額などを見通すのは困難だ」。同社の山口貢社長は6月21日の株主総会で、そう述べた。同社は2019年3月期の業績見通しで、データ改ざん問題の影響額として、生産減など約100億円の減収を織り込んでいる。だが、今後の訴訟などの行方次…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです