特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

財務省

「最強官庁」立て直し急務 人事迷走3カ月で決着

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 財務省の幹部人事がようやく固まった。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る文書改ざん問題などの影響で一時迷走したが、本命視されていた岡本薫明主計局長の次官昇格で落ち着いた。約3カ月にわたって次官不在という異常事態が続いた財務省。新体制では、前代未聞の不祥事で信用を失った「最強官庁」の立て直しが急務となる。

 岡本氏は1983年入省で早くから次官候補と目されてきた。同期には文書改ざん問題を巡り昨夏以降、国会答弁を担ってきた太田充理財局長がいる。省内では今夏の人事で岡本氏を次官に、太田氏を次の次官含みで主計局長に異動させる人事が順当とされてきた。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文831文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集