メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毒物カレー事件20年

「せめて真実を」遺族なお深い苦悩

林容疑者夫婦宅周辺は多くの報道陣が押し寄せた=和歌山市園部で1998年10月4日午前5時30分、懸尾公治撮影

 和歌山市で1998年に起きた毒物カレー事件は25日で発生から20年となる。夏祭り会場でカレーライスにヒ素を混入して4人を殺害したなどとして、殺人罪などで死刑が確定した林真須美死刑囚(56)は現在も無罪を訴えているが、再審請求は昨年3月に和歌山地裁で棄却された(大阪高裁に即時抗告中)。なぜ大切な家族が亡くなったのか。遺族は今もなお、深い苦悩と悲しみの中にいる。

 「20年の節目は私たちには関係ない。憎しみも変わらない」。事件で犠牲になった谷中孝寿さん(当時64…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文930文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです