メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

真備町水害 濁流の渦潮、住宅のむ

浸水に襲われ、水につかった岡山県倉敷市真備町有井の住宅=2018年7月7日午後0時37分撮影、住民提供

 西日本豪雨で51人の命を奪った岡山県倉敷市真備(まび)町地区の水害で、死者15人と最も犠牲者が多かったのが有井(ありい)地区だ。小田川から北に延びる末政川の堤防が3カ所で決壊するなど、市の避難指示(7日午前1時半)が出る前から浸水が深刻化。川からの激しい出水で家が流されるのを目撃した住民もいた。「濁流は渦潮のようだった」。住宅地に水が一気に押し寄せた様子を住民らが証言した。【花澤茂人、岡村崇、大東祐紀、林田奈々】

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです