メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋・旧稲本楼

取り壊し 中村遊郭の面影、また姿消す

以前の旧稲本楼。中国風の立派な門と赤い壁が印象的だ=名古屋市中村区で2018年6月9日、黒尾透撮影

 名古屋市中村区にあった「中村遊郭」の面影を残す建物が取り壊されることになった。遊郭時代に「稲本楼」の名で営業した旧「料亭稲本」(同区日吉町)だ。建物は同市の都市景観重要建築物の指定を受けているが、今後解除される。歴史を感じさせる建物がまた一つ姿を消す。

 旧稲本楼は、遊郭ができた1923年建築の木造2階建て。べんがら塗りの赤い塀と、中国風の門が特徴だ。中村遊郭の旧娼家(しょうか)はロの字やコの字形の建物の中央に日本庭園を配置したものが多く、その特徴を残す。58年の売春防止法施行以降は料亭となり、近年は高齢者向けデイサービス施設として使われてきた。だが、老朽化が目立ち、…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです