メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

土砂崩れ、広島南部5000カ所 広島大、航空写真を分析

 国土地理院は、広島県南部と愛媛県西部で西日本豪雨に伴って土砂崩れや土石流が発生した地点の分布図を公表した。山の尾根付近から海岸部まで、至る所で豪雨の爪痕が見られた。広島大豪雨災害調査団(地理学グループ)が、分布図の基になった航空写真を分析した結果、広島県南部だけで発生地点は5000カ所を超えていた。

 分布図は国土地理院のホームページ(HP)で公表しており、9~14日に航空機で撮影された写真を基に作成した。広島県南部では東広島市や呉市安浦地区、愛媛県西部では宇和島市北部の一帯で特に集中していたが、発生場所が広い範囲に及んでいる点が特徴だ。他の地域の分布図もHPで順次公開していく予定。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 海王星に猛毒青酸ガスの帯 赤道付近の上空 東大研究チームなど発見

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 宇宙新時代 スター・ウォーズが現実に? 衛星破壊、ISS無断接近…戦闘領域化する宇宙

  5. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです