メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
eye

南スーダン避難民キャンプ ここで待つしかない

うつろな瞳で外を見るジョージ・マルティクちゃん(3)。栄養失調の症状を見せ、顔にたかるハエもはらえない

 ひび割れた荒野に太陽が照りつけ、砂煙が舞い上がっていた。温度計は45度近くを示し、噴き出す汗さえすぐに乾く。南スーダンの首都ジュバから国連機で約2時間半。北部の中心都市ベンチウは、内戦で反政府勢力の拠点となり、戦闘が相次いでいる。家畜の奪い合いも火種のひとつだ。4月に訪れると、街には戦闘で焼かれた車や戦車が無残に放置され、ほとんどの商店は閉ざされていた。

 「兵士は子供や女性にも銃を乱射した。周りには多くの遺体が折り重なっていた」。犠牲者が約400人に上…

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1323文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです