メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイト

ミカン、希望の0.5トン

JAえひめ南味楽共選場で、西日本豪雨の被害を免れた「生き残ったミカン」=愛媛県宇和島市で2018年7月12日、山崎一輝撮影

 <IN-SIGHT>

 JAえひめ南味楽(みらく)共選場(愛媛県宇和島市)は、床一面が泥で覆われ、ほこりの臭いが漂っていた。その一角に積まれたミカンだけが明るい色を放つ。

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた同市。山の斜面のミカン畑も土砂にのみ込まれた。

 同共選場の倉庫では、約2トンの温室ミカンが出荷を待…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです