メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生レストラン

あすオープン 和食など提供 三笠 /北海道

 三笠市の市立三笠高校(遠藤直樹校長、生徒数119人)の生徒が運営する「高校生レストラン」が22日、同市若草町にオープンする。同校は道内公立高で唯一の食物調理科の単科高校で、調理師やパティシエを養成している。レストランは生徒が調理や接客を学ぶ実習施設として運用し、市民に食事やスイーツを提供する。

 施設名は「ミカサ クッキング エソール」。地元をはじめ、道産の食材を使った料理を出すレストラン「まごころきっちん」(60席)と、洋菓子を提供するカフェ「シェリー」(20席)があり、いずれも内容は生徒が企画し、調理・製造もする。このほか、調理コンクールなどを行う「キッチンスタジアム」や地…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです