特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

青森大会 聖愛、接戦を制す 光星、猛打で雪辱(その1) /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

甲子園かけ、あす決勝

 第100回全国高校野球選手権記念青森大会(県高校野球連盟など主催)は大会9日目の20日、弘前市のはるか夢球場で準決勝2試合が行われた。

 昨夏の決勝と同カードとなった第1試合は、八戸学院光星が15-7の七回コールドで青森山田を降し、雪辱を果たした。

 弘前対決となった第2試合は、弘前学院聖愛が2-1で弘前工との接戦を制し、5年ぶりの決勝進出を決めた。

 甲子園出場をかけた決勝は、22日午後1時から同球場で行われる。【北山夏帆、一宮俊介】

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1262文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする