第100回全国高校野球

茨城大会 明秀日立が快勝 8強決まる ノーシードの中央も /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念茨城大会(県高野連など主催)は20日、ノーブルホームスタジアム水戸など4球場で4回戦計8試合があり、8強が決まった。センバツ出場で第2シードの明秀日立と、3年ぶり2回目の甲子園出場を目指す第3シードの霞ケ浦はコールド勝ち。2年ぶりの出場を狙う第1シードの常総学院は下館工に競り勝った。ノーシード校は中央だけが勝ち進んだ。21日は試合がなく、準々決勝は22日、同スタジアムなど2球場で行われる。【庭木茂視】

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1135文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい