特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

富山大会 準々決勝 きょう、8校サバイバル /富山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念富山大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は、21日に準々決勝4試合が行われる。連覇を狙う高岡商と、今春のセンバツに出場した富山商の第1シード両校が順当に勝ち上がってきた。シード組ではこの他、高岡第一と富山東が8強入り。ノーシードからは富山第一、魚津工、石動、高岡龍谷が駒を進めた。地力に勝る高岡商と富山商の2強を軸に、いずれのチームも調子を上げており、好ゲームが期待される。

 高岡商は初戦となった2回戦から2試合連続で2桁安打を放って、ともに12得点と打線が好調。一方、富山商は2試合で失点3と堅守が光る。3回戦ではエース沢田を温存してコールド勝ちと厚みがある。組み合わせにも恵まれた富山東は中軸が勝負強さを見せ危なげなく2、3回戦を突破。初戦を圧勝した高岡第一は3回戦では4投手のリレーで勝ちきるしたたかさも披露した。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文631文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る