メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

半空文学賞

ことでん小説、冊子に カフェ・バー企画 8駅で無料配布 高松 /香川

入賞作品をまとめた冊子をPRする高松琴平電気鉄道の真鍋康正社長(左)と半空の店主・岡田陽介さん=半空提供

 高松市瓦町1のブックカフェ・バー「半空(なかぞら)」がこのほど、地元の高松琴平電気鉄道(高松市)にまつわる小説を募る「半空文学賞」の入賞者11人を発表した。ことでんは各駅で、作品をまとめた冊子の無料配布を始めている。【小川和久】

 半空文学賞は、本好きの店主・岡田陽介さん(36)が「素人の選ぶ文学賞を作りたい」と3年前に創設。これまで「コーヒー」や「音楽」を題材に全国から作品を募集してきた。3度目の今回は、店の常連客のことでん社長・真鍋康正さん(41)が協力。「ことでんストーリープロジェクト」と称し、ことでんにまつわる短編小説を募った。

 昨年11月から今年1月までに210点が集まり、岡田さんや真鍋社長らが審査。幅広い年齢層が書いた11作品を入賞に選んだ。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです