半空文学賞

ことでん小説、冊子に カフェ・バー企画 8駅で無料配布 高松 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
入賞作品をまとめた冊子をPRする高松琴平電気鉄道の真鍋康正社長(左)と半空の店主・岡田陽介さん=半空提供
入賞作品をまとめた冊子をPRする高松琴平電気鉄道の真鍋康正社長(左)と半空の店主・岡田陽介さん=半空提供

 高松市瓦町1のブックカフェ・バー「半空(なかぞら)」がこのほど、地元の高松琴平電気鉄道(高松市)にまつわる小説を募る「半空文学賞」の入賞者11人を発表した。ことでんは各駅で、作品をまとめた冊子の無料配布を始めている。【小川和久】

 半空文学賞は、本好きの店主・岡田陽介さん(36)が「素人の選ぶ文学賞を作りたい」と3年前に創設。これまで「コーヒー」や「音楽」を題材に全国から作品を募集してきた。3度目の今回は、店の常連客のことでん社長・真鍋康正さん(41)が協力。「ことでんストーリープロジェクト」と称し、ことでんにまつわる短編小説を募った。

 昨年11月から今年1月までに210点が集まり、岡田さんや真鍋社長らが審査。幅広い年齢層が書いた11作品を入賞に選んだ。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文822文字)

あわせて読みたい

注目の特集